ファクタリングについて

subpage01

ファクタリングとは、ファクタリングを取り扱う業者が融資を希望している会社が持っている売掛金を万が一回収できなかったとしても償還請求することなく完全に買い取ることによって、その会社に資金を融資する仕組みのことです。


つまり、業者が資金の融資を受ける会社が持っている売掛金を譲り受けて、売掛金が資金の融資を受ける会社に支払われる前に融資するという仕組みになっています。


また、業者は資金の融資を受ける会社が直面している経営上と経済上の様々な問題について情報を与え、買い取りした売掛金の管理して、確実に回収していきます。

ファクタリングを行う会社は必要になる資金によって売掛金を売却して、その売却した代金を前倒しで受取ることができます。

ファクタリング会社

銀行などの金融機関でお金を借り入れるときには担保を差し出すことを求められますが、ファクタリングでは担保を求められることがありません。



つまり、業者を利用しなければ売掛金は回収できる期日まで現金化することができない売掛金が、業者を利用することによって回収できる期日より前に現金化することができるようになります。
また、業者が買い取った売掛金を回収することができなくなったとしても、業者が回収できないリスクについて負担することになっているため売掛金を売却した会社が回収できない分のお金を支払う義務が生じることがありません。ファクタリングは安定した企業経営に不可欠となるリスクマネジメントと、円滑な資金調達を同時に実現できます。