• 簡単なねこ撃退の手法

    ねこはネットで大人気になっていて、ペットとして飼う人も増えています。

    その一方で捨て猫も増えていて、野良猫になって家の敷地に入り込んでフンをします。

    時が経てば土に変わるので問題はありませんが、悪臭が漂うので不衛生な家だと思われてしまいます。


    ねこ撃退をするには、敷地に侵入してきた時に甘やかしたりせずに、厳しい対応をすることが大切です。


    例えば、傷つけない程度に水をかけたり、大きな音を出すなどすれば、警戒して近づかなくなります。



    また嫌な匂いを出すハーブなどを置いておくと近づかなくなります。

    ホームセンターにいくとねこ撃退グッズが販売されているので、自分が使いやすいものを選んで試してみるのも良いのではないでしょうか。



    ねこは餌を与えるとその家に居ついてしまいます。そうなると生きている間はずっと家の敷地にねこが入り込みます。

    一匹だったのにいつの間にか子ねこが増えて、手に負えなくなることもあります。



    ねこは非常に愛らしい動物ですが、無責任に餌を与えると繁殖してしまうので、飼うならば責任を持って飼うことが重要です。
    餌だけを与えていると、迷惑を他人に押し付けて、自分だけ良い思いをすることになります。

    増えすぎてしまうと去勢手術や保健所に捕獲してもらうことになるので、ねこ撃退がより厳しい手法になります。

    このようなことを防ぐには、ねこを甘やかさないことや、去勢手術をNPOなどに依頼をして行なうことが必要になります。