ファクタリングを利用するメリット

subpage01

ファクタリングは人が所有する売掛債権を他人が買取って債権を回収するという仕組みの金融サービスの一種です。このファクタリングのシステムを医療機関相手に行い、早期に資金調達を進めるという方法があります。

ファクタリング会社の比較

この医療機関にあたるのは病院や歯科医院、調剤薬局そして介護施設です。



これらは治療などを行ってその場で患者から診療費の2割から3割分の支払いを受け、後日社会保険診療報酬支払基金あるいは国民健康保険団体連合会から残りの額の分の診療費を受け取ります。

この際月末までの診療報酬を計算しておき、次の月の10までに提出し請求を行うため診療費を受け取るまでの期間にタイムラグが生じます。



このタイムラグの間に職員の給与や製薬会社への支払いなどを行う必要があり、その資金を調達できないという状況を救ってくれるのがファクタリングです。

医療機関側が社会保険診療報酬支払基金などに請求する保険診療報酬や調剤報酬、介護報酬を売掛債権とみなし、証券会社や銀行といったファクタリング事業者に譲渡します。
この譲渡の対価として事業者が医療機関に代金を支払います。
この代金の支払いは最短で数日なので早期に資金を得ることができ、また担保が不要かつ得られた資金の使途に制限はないため医療機関にとってメリットが多くなっています。

またファクタリングは事業者にとってもメリットが大きく、融資をするよりも手数料を多く得られ、診療報酬はほぼ確実に受け取れるため安全性が高いです。